テナントリスクのヘッジ|マンション投資で優雅な未来を手に入れる!
男の人

マンション投資で優雅な未来を手に入れる!

テナントリスクのヘッジ

電卓とお金

家賃保証システムを利用すれば、テナントから賃料収入を回収出来なくなるリスクはなくなります。何故ならば、仮にテナントが家賃の支払いを行わなかったとしても、保証会社がその分を補填してくれるからです。仮にテナントの家賃が月10万円だったとして家賃を3ヵ月滞納した場合、保証会社がテナントの債務を肩代わりして30万円を賃貸経営者に支払ってくれるのです。しかし、家賃保証の保証料は決して安いものではなく、場合によっては年間の賃料の5パーセントから10パーセント程度の保証料の支払いが必要になる場合もあります。そのため、テナントのクレジットが高く、家賃の滞納や未払いを起こす可能性が極めて低いと考えられる場合は、家賃保証を利用しないのも一案です。

家賃保証システムは、テナントが債務不履行を起こした場合に保証会社が賃貸経営者の損失を補填するというものです。但し、厳密には保証会社が債務を肩代わりするという訳ではなく、テナントに対する賃料請求権を賃貸物件の経営者から買い取るという形となります。従って、テナント側から見れば、家賃の支払い先が賃貸経営者から保証会社に移行するというだけであり、債務の支払いそのものが免除されるわけではありません。保証会社は賃貸経営者に未納分の家賃と同額の金銭を支払う対価として、テナントに対する賃料請求権を取得し、その支払いをテナントに求める形となります。保証会社は満額をテナントから回収できれば、保証料分が利益として計上される事になります。